So-net無料ブログ作成

FX 初心者のテクニカル分析は水平ライン

初心者のテクニカル分析は水平ラインについて学んでみましょう。


スポンサーリンク









小手川征也

FX比較スノーキーのブログ管理人の

スノーキーこと小手川従也です。

この動画ではFXの初心者さんのテクニカル分析は

まずは水平ラインを引くのが良いのではないか

という事についてお話ししていきたいと思います。

画面上に表示されている注意事項を必ずご確認の上

これから先の動画をご覧下さい。

まずは日足チャートで水平ラインを引くのを

前提にお話しします。

そしてこの動画の解説欄に過去に挙げましたYouTube上に

アップロードしたMT4での水平ラインの引き方動画の

URLを貼っておきますので操作方法のわからない方は

参考にしてみて下さい。

では実際のチャート画像をご覧頂きたいと思います。

ドル円日足チャートです。

1日の値動きをローソク足で表したチャートです。

恐らくFXを始める方、若しくは始められた方の多くは

インターネット、WEB上でブログやFXサイトで

情報を収集したり或は入門書、書籍を買って勉強したり

などされる方が多いかと思います。

そこでまず出てくるのが2つだと思います。

1つが移動平均線と呼ばれるムービングアベレージとも

呼ばれる流れがわかるような線を表示させるテクニカル分析

今回の様な水平ライン

これはサポートラインとかレジスタンスライン

上値抵抗線、支持線、下値支持線と呼ばれる線ですが

それらを合わせてサポレジと呼びますが

横に線を引くことでそれがわかるということで

引き方としては価格が集中しているところに

線をポンと引いてやるということですね。

価格が集注しています。

終値であったり安値であったり価格が集注している

ところに1本線を引いてあげる。

それを複数引くことによってそこから

また反発するのか或はどうなるのかということが

少しわかりやすくなるという事です。

日足チャートで線を引くと何故良いのかというと

水平ラインというのは時間軸、つまり日足から

4時間足だったりとか1時間足であったりとかに

時間軸を変更した時にも有効だという事です。

なので今日足からここのボタン

フォーアワーズと書いてありまして

ここを押すと4時間足に切り替わるのですが

4時間足に切り替えてもこの水平ラインは有効です。

1時間足に変えてもこの水平ラインは生きてきます。

これはドル円のチャートですが

ユーロ円でも同じで

3本引いてみましたが、ここですね価格集注してますね。

なので3本引いているのですが

日足から4時間足に切り替えます。

4時間足に切り替えてもやはりこの辺りは

有効になってきます。

そして1時間足を見てもこの水平ラインは

有効だという事で日足で引いてあげることによって

他の時間軸に変えることによっても

表示されるのでおススメというか

個人的にはすごく役に立っています。





スポンサーリンク








ネットで宝くじ

タグ:水平ライン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。